京都痕跡町歩き

街角にひそむ歴史の痕跡を探して

【曼荼羅とマリア】東寺・両界曼荼羅の謎④

 

バラモン教では、女性原理と男性原理はどのような関係であったか

 

ヴェーダの神々

  

バラモン教ヴェーダの神々で有名なのが、

 

ディーヴァ・インドラ・ミトラヴァルナ・アシュラ・アグニである。

 

これらは共住時代からアーリア人が信仰していた古の神々で、

 

いずれも男神である。

 

※共住時代の最高神は太陽神のアシュラだったようだ。イラン系アーリア人は、アシュラをゾロアスター教の主神アフラ・マズダとして信仰する(アシュラ=アフラ)。一方、インド系アーリア人は対抗意識からアシュラを魔人に貶め、インドラを主神に据える。インド系アーリア人はプライドが高いのである。わが国には阿修羅としてやってくる。ディーヴァは天の神だが(言語的にはゼウスに通ずる)、身近な神ではないため「閑ろな神」として人々から忘れる傾向にある。ミトラ・ヴァルナは契約・博愛・執行の神。ヒッタイトとミタンニとの国際条約でも「ミトラ・ヴァルナの名のもとに」条約が結ばれた。ヒッタイト・ミタンニの両国で共通の崇拝されていたのだろう。アグニは火の神。リグヴェーダにおいてアグニに対する賛歌が多いことからインド系アーリア人は重視したようだ。遊牧民にとって火の存在は大きかった。荒野でのキャンプファイヤー遊牧民の心を温めたのだろう。また、空に向って燃え上がる炎には天に生贄を運ぶ機能があるので、供犠を重んずるアーリア人にとってはその意味でも重要だった。「護摩」炊きはホーマ(供犠)に由来するが、もともとは遊牧民の火への信仰なのだ。

 

アーリア人は、

 

男性原理優位の宗教意識を持っていたである。

 

遊牧民族にとって

 

どこへ移動しても頭上にある「天=男性原理」が重要だったのであり、

 

逆に

 

大地との関係は希薄で、

 

「生み出す大地」の象徴である女性原理も重視されなかったのだろう。

 

もちろんヴェーダの中にも女神がいる。

 

水の女サラスヴァティも共住時代からの古い神であるが、

 

ヴェーダでは女神は限られている

 

アーリア人の故郷はステップ地帯に属し乾燥しており、

 

水・河が崇拝の対象になったが、

 

水は女性原理と不可分であるから、

 

女神が例外的に信仰の対象となったのだろう。

 

※サラスヴァティは、仏教に取り入れられ弁財天となる。イラン系アーリア人の間ではアナヒターとして信仰される。一説によるとアナヒターはメソポタミアのイシュタル・イナンナと習合しナナイアあるいはアルドフショーとなり、イラン系部族がインドに持ち込み、観音の原型になったという(岩本裕「観音の表情」)

 

 

 ヴェーダの王の即位儀式

 

ヴェーダでは、通過儀礼・王権授与はどのようになされたのだろうか。

 

ヴェーダには以下のように通過儀礼・即位儀式についての詳しい記載がある。

 

世界宗教史〈2〉石器時代からエレウシスの密儀まで(下) (ちくま学芸文庫)

世界宗教史〈2〉石器時代からエレウシスの密儀まで(下) (ちくま学芸文庫)

 

 

 

王権 (岩波文庫)

王権 (岩波文庫)

 

 

 

【ディークシャー】

 

・ディークシャーは、高次の存在様式に昇華する儀式である。

・儀式を受ける者(供犠執行者)は、神への生贄である。

=世界樹に吊るされ知恵を得たオーディーンを想起

・儀式を受けることは、一度死に二度生まれることである。

・祭司が供犠執行者に水をかける。

=水は「精液」を意味する

・供犠執行者は、特別な納屋に入れられる。

=納屋は「子宮」を意味する

・供犠執行者は白い衣服を着さされる。

=「白い衣服」は羊膜を意味する。

・供犠執行者は納屋から出て、四方に広がる空間の上に立つ

=再生と宇宙の支配を意味する。

  

【ラージャスーヤ】即位儀式

 

王の即位の儀式に先立って、ディークシャーが1年行われる。

1年間のディークシャの中には断食・苦行が含まれる。

=王権には苦行(タパス)が必要と考えられたようだ。修行中のシヴァをパールヴァティが誘惑した際、第三の眼でカーマを焼き尽くす「シヴァとパールヴァティ」の物語(マハーバーラタ)にも通ずる。

中心となる儀式は新年に行われる。

=世界の再生・春の訪れを願う豊穣の祭りの側面もある

儀式からは女性が排除される。

=ただし、ヴェーダ時代より後には王妃も参加する事実がある

供犠執行者は宇宙・世界を体現している。

供犠執行者は白い衣服を着る。

司祭が灌頂儀式(頭に水を灌ぐ)と塗油儀式(精製されたバターを流しかける)

=これにより神聖が付与される(聖別)。儀式のクライマックス。

供犠執行者は四方に歩を進め、王座に立ち両腕をあげる。

=四方への歩みは、地上界の支配、王座へ上ることは時間の支配を意味する。x軸・Y軸が空間をz軸が時間を意味するのだろう。供犠執行者は宇宙軸(アクシス・ムンディ)を体現する。王は空間と時間を支配するのである。

 

 

即位儀式にはランクがあり、

 

最高度の儀式になると(お金が掛かる…)

 

アシュヴァメーダという儀式が伴った。

 

 

【アシュヴァメーダ】馬祀祭

 

・新年に行われる儀式

=世界の再生・春の訪れを願う豊穣の祭りの側面もある。

・馬は植物を活性化させる機能がある

=馬は生命力、季節の循環、世界、宇宙を象徴している

・特別に用意された駿馬を一年間放つ

・その馬の行く先が領土となる

=馬は領土を支配する「王の力」「王権」を意味する。

・一年後に馬を連れ帰る

・供犠として多数の獣とともに殺される

・主妃が死んだ馬と添い寝し、性交のまねごとをする。

・そのわきで祭祀と他の王妃は卑猥な冗談を投げかけ合う

・主妃が立ち上がると、馬は解体し、肉は分配される。

※馬の代わりに人が犠牲になる「プルシャメーダ」という儀式もあった。

 

 

メソポタミアとインドの王権授与儀式とを比較すると

 

ディークシャー・ラージャスーヤに関しては

 

・王が一度死に、再生すること(死と再生)、

 

・年初めに儀式が行われ、豊穣の儀式の側面があること

 

・塗油行為を伴うこと、

 

・世界の中心で即位儀式を行うこと

(メソポタミア:ジッグラト・インド:王座)

 

などに共通性が見られる。

 

「豊穣・世界の再生=王の死と再生」

 

という基本構造は共通する。

 

しかし、

 

メソポタミアのように性行為(聖婚)を伴わず、

 

儀式のクライマックスである聖別儀式

 

女性原理は登場しない。

 

また、

 

メソポタミアにおいては、王は地母神の愛人・息子であり、

 

王は地母神に対する生贄になるのに対し、

 

リグ・ヴェーダにおいては、

 

「汝の身体を増大させつつ、汝自らを犠牲にせよ」とあるように、

 

あくまで

 

「自らの自らへの犠牲」(オーディーン箴言)なのである。

 

 

女性原理(地母神)は儀式の中心にないのである。

 

 

アシュヴァメーダに関しては

 

 

・年初の豊穣祭・王の死と再生

 

・聖婚と王権授与

 

・動物供犠

 

・人間の女性と動物遺体との疑似性交など、

 

メソポタミアの聖婚儀式とアシュヴァメーダとの間に共通点もみられる。

 

しかし、

 

女性原理は、

 

王権を王に伝える媒介に過ぎないのであり、

(馬=王権→疑似性交→〔王妃〕→結婚→王)

 

メソポタミアのような

 

王権を授与する女性原理(地母神)」

 

との観念は見受けられない。

 

 

これらの儀式は、

 

おそらくメソポタミアの影響を受けつつ

 

アーリア人独自の

 

男性原理中心思想」や「馬信仰」のもとで発展したのだろう。

 

※宗教学の泰斗エリアーデは「シュヴァメーダは明らかにインド・ヨーロッパ諸民族起源である。」と言い切ってるが…

 

ヴェーダ時代、

 

社会・宗教においては、

 

男性原理が中心であった。

 

 

【追記】

◆獣と女神のモチーフについて

 

アシュヴァメーダには、

 

「王妃が馬の死骸と性交のまねごとをする」

というエキセントリックな儀式が含まれているが、

女神・王妃と馬・牛との性交をモチーフとする神話・儀式が、

その特殊な内容にもかかわらず、

北欧、地中海、メソポタミア、インド、中国、日本と広い地域にみられる。

 

具体的に言えば、

 

アイルランドの即位儀式

 (王は雌馬の死骸と性交の儀式を行う)

ギリシャ神話のデメテールの話

 (馬に化けた王妃を馬に化けたポセイドンが犯す話)

ギリシャ神話のミノタウロス神話

 (牛に化けたゼウスが女神を犯し、ミノタウロスが生まれる話)

ギルガメシュ叙事詩の天牛殺の話

・日本神話のスサノオの悪事の話

(馬の死体を女神に投げつけた結果、機織りの器具でホトをついて女神が死ぬ話)

・中国の馬頭娘

・日本の東北地方の巫女に伝承される「オシイラ祭文」(遠野物語)

 

などである。

 

おそらくは、

インド・ヨーロッパ語族の中で組み立てられた神話体系が

 騎馬民族の間で共有され、

中国・日本にはユーラシアを東進したスキタイ系騎馬民族が運んできたのだろう。

 

f:id:korot:20170819171444j:plain

※林俊雄「スキタイと匈奴・遊牧の文明」より

 

詳しくは下記の文献参照。

 

マハーバーラタの神話学

マハーバーラタの神話学

 

 ※「馬に汚される大女神」参照

 

観音変容譚―仏教神話学〈2〉 (仏教神話学 (2))

観音変容譚―仏教神話学〈2〉 (仏教神話学 (2))

 

 

 ※ユーラシア大陸の諸神話における「馬と女性性」参照

 

インド・ヨーロッパ古代の異類婚姻譚について

https://kdu.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=841&item_no=1&page_id=13&block_id=21

 

馬頭観音・馬頭明王とアシュヴァメーダ

 

f:id:korot:20170829155022j:plain

日本で目にする馬頭観音の頭上には馬の頭が乗っかっている。

これは、草を食らいつくす馬のように

煩悩を喰らいつくすことを意味するといわれる。

大日経疏」では「転輪王の宝馬が休むことなく四州を巡履するごとく」衆生のために奔走する明王と説明される。

「四州を巡履する転輪王の宝馬」のイメージは、アシュヴァメーダの「国土を一年間巡り諸王を打ち負かし領土とする馬」に由来するのだろう。

(弥永『火を噴く馬頭観音』「観音変容譚」参照)

 

 

◆深曽木の儀

男の子が5歳になると行う儀式に

「深曽木の儀」というものがある。

男の子が囲碁盤の上に上り再び飛び降りるというものだ。

これは、囲碁盤を世界に見立て、

四角形の囲碁盤に立つことは「四方(世界)を制す」意味があるという。

※ソースは忘れた…

 

もともとは王の即位儀式であったのだろうか。

 インドのラージャスーヤを思わせる。

 

大嘗祭の天羽衣

 

大嘗祭は、天皇が行う豊穣の祭りである。

大嘗祭では、天皇は天羽衣という白い衣を着て

湯あみをするという。

羽衣が羊膜、水が羊水を意味し、

儀式は死と再生の疑似行為という(西郷信綱説)。

日本書紀の「真床覆衾」に相当。

これもまたインドのディークシャーに似ている。

起源については今後の宿題…

 

天皇の即位儀礼と神仏

天皇の即位儀礼と神仏

 

 

 

大嘗祭の本義

大嘗祭の本義