京都痕跡町歩き

街角にひそむ歴史の痕跡を探して

【相国寺・七重塔】 幻の大塔を求めて①

京都の仏塔といえば…

 

まず、東寺の五重の塔、八坂の五重の塔が思い浮かびますよね。

 

 でも。。。

 

かつて、京都には、とんでもない高さの七重の塔があったのです!!

 

その名は。「相国寺大塔」。室町時代に立っていて今はもう存在しません。

 

どれくらいの高さだったかというと・・・

 

京都駅の南にたっている東寺の五重の塔が、55メートル

(ちなみに日本で一番高い仏塔です)

 

一方

 

相国寺大塔は109メートル!!

 

東寺の五重の塔の2倍

 

京都駅の北に立っている京都タワーに匹敵する高さ。

 

室町時代の1・2階建て中心の街並みに京都タワークラスの建造物が立っていたんです。

 

まさに神をも恐れぬ京都版バベルの塔

 

f:id:korot:20151012151359j:plain

 ※写真はイメージです実物と異なる場合がございます。

 

洛中洛外図屏風は、この塔からの眺めを描いているという説があるくらいです。

 

これだけの規模の建造物でありながら、存在した期間が

 

わずか十数年ということで往時を伝える資料も僅少です。

 

次回は、

わずかに残る相国寺大塔の資料を紹介したいとおもいます。